佐藤正純さんは北海道のスキー場で、スノーボードで転倒し、頭を強く打った。1カ月後に意識が戻り始めたが、人の顔もぼんやりし、まるで影絵の中にいるようだった。1年が365日であることも忘れていた。10年前、37歳の時だ。

佐藤正純在北海道的滑雪場,不慎從滑雪板上摔下來,狠很地撞傷了頭部。一個月之後開始回覆意識,然而所見之人物臉孔也像是籠罩在影子中一樣模糊。甚至連一年有365天也忘了。這是十年前,他37歲的事。
 佐藤さんは横浜の病院の脳神経外科医だった。視力と記憶の障害は脳が傷ついたせいだ、とすぐにわかった。傷ついた部分の治癒は望めない。脳の残った機能を高めるしかなかった。
佐藤先生原本是名橫濱醫院的腦神經外科醫生。很明顯可以闡明知道這些視力及記憶的障礙正是腦傷的後遺症。既無指望把受傷的部分治好,只好寄望於提昇殘存的腦部機能。
 しかし、退院して訪ねたリハビリ医は「これ以上、何をお望みですか」と言った。障害が深刻なことを率直に言ってくれた、と後に感謝するのだが、その時は、やれるものなら自分でやってみろ、と挑戦状を突きつけられた気になった。
然而由於出院後復健師的一句話「除此之外你還希望什麼嗎」毫無保留地說出傷害的嚴重性。佐藤先生發現除了感謝復健師,如此老實,同時也覺悟了,只有自己能為自己做什麼。
 点字図書館からテープ図書を借りた。妻や子どもと積極的に話した。記憶力が少しずつ戻ってきた。次は視力に頼らず読み書きをすることだ。パソコンの文字を読み上げるソフトの使い方を学んだ。もう一つは歩く訓練だ。山手線に1人で乗れた時には、感激のあまり涙が出た。事故から5年余りがたっていた。
 從點字圖書館借了有聲書,並且積極地和妻兒們說話。記憶力漸為恢復後,接下來就是不仰賴視力而讀書,學習如何使用能讀出電腦上文字的軟體。此外,另一向的訓練是一個人步行。當他能夠一個人搭乘山手線時,他不盡流出感激的眼淚。這已經是事故後五年餘的事了。
 不思議なことに、幼いころから親しんできたピアノは、事故の後も自然に指が動いた。佐藤さんは「障害を負っても、自分の人生がそこで途切れたとは思わなかった。過去の人生に現在を重ね着し、その人生が広がる。そう考えてきました」と語る。
而不可思議的是從小碰到從小就習慣了的鋼琴時,手指居然也自然地動了起來。佐藤先生說,他並不認為背負了障礙的命運,人生路就到處為止。而是過去和現在的人生重疊,而更加寬闊。
 いま医療の専門学校で医学の基礎などを教えている。医師と障害者という二つの人生。その経験を生かして、医療や福祉の世界でもっと役に立ちたい。それが次の夢である。而他現在正在醫療專門學校中教授醫學的基礎。接下來的夢想,就是如何利有著醫生以及患者的雙重身分,如何在醫療和福祉的世界更加發揮一已之力。

shioko 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()