2010年5月2日(日)付
印刷

 京都には名のある庭が数多(あまた)ある。その京に暮らした詩人の天野忠が語ったそうだ。
「庭の良し悪(あ)しは、厠(かわや)の小窓からのぞき見すると、よお分かります。
庭が油断してますさかい」。文学者の杉本秀太郎さんが著書『火用心(ひのようじん)』で回想している▼
在京都有為數眾多的名園。在京都生活的詩人天野忠先生曾說過,
「庭園的好壞,只從廁所旁的通氣窗偷看一下就可以分辨,連院子裡的廁所就可分辦。
不禁讓我想到松本秀太郎先生所著的「火用心」這本書。


たしかにどの庭も、人目を浴びる方向には体裁をつけている。だが裏手からは素(す)の顔が見える。
油断しているから本性が表れる。薄っぺらな造りか、本物の庭,か。詩人は庭へのまなざしを、
人間観察に重ね合わせていたのだろう▼
的確是,只要是目光所及的地方,無論是哪個庭院都是很體面。但是只有從內部才能看到院子正真的樣子。
 疏忽大意是人之常情。無論是小小的造景或是真正的庭院。而詩人看院子的眼光就和他們觀察人群的樣子一樣。

英国のブラウン首相も、思わぬ「厠の小窓」から本性が割れたようだ。選挙の遊説中、
支持者の女性と移民問題で立ち話をした。笑顔で応じたが、車に乗ってドアを閉めるや
「頑迷な女だ」「あんなのと話させるな」。毒づいたのを、外し忘れたピンマイクに拾われた▼
英國的布朗首相,也是從想不到的「透氣窗」把他的本性洩露給大家。
在選舉的演說中,針對支持的女性選民和移民問題進行演說,笑容可掬。
然而卻在一坐上車關起門後馬上就說出「真是瘋狂選民」「真不想和那樣的人說話」
而且 非常不小心的忘了把MIC拿下來。

もともと口下手で愛想はよくない。それゆえに誠実なイメージもあったが、国民は
「正体見たり。よお分かりました」といったところだろう。「ブラウンの終わり」と報じた新聞もあるそうだ▼
原本因不擅言詞而形象誠實正直。這次卻被國民看到他的真面目。
甚至有新聞報導「這次布朗真的走到絕路了」

この国で騎士道精神は尊い。だが女性は、笑顔で別れた直後に、背後から一太刀浴びた思いだったろう。
「選挙中に政治家が犯した英国史上最悪の失言」と言う識者がいるのも頷(うなず)ける▼
該國一直以騎士精神而守尊從,然而這次婦女們大概會認為在微血道別後又被狠狠的在背後刺上一刀了。
連有識之士都頻頻認同「選舉中的政治家所犯上英國史上最差勁的失言。」

自ら率いる労働党、それに保守党に加え、選挙では自由民主党に異例の勢いがある。
労働党は目下、一番の風下にあえいでいる。伝統的な二大政党制が崩れるなら、失言は「歴史的」の冠を
戴(いただ)くことになろう。そのとき首相が恨むべきは、ピンマイクではなく己である。
不但自己所率領的工黨加上保守黨。自民黨在選戰上佔有史無前例的強勢。工黨眼下正處於最弱勢狀態。
一但若是傳統的2大政黨制崩壞掉了,這次的失業就成為歷史上的歷史了。
此時,首相該怪罪的應為自己。而非PIN MARK(?)了。

shioko 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()