2010年4月24日(土)付
印刷

 東京・表参道のケヤキ並木がかわいい葉をつけ、空を仰げばもえぎのモヤがかかっている。
早春の嵐に倒れた鎌倉・鶴岡八幡宮の大イチョウも、残った根元から芽吹いたという。
寒暖の起伏は険しくとも、ひと雨ごとに春が深まる▼
生長在東京表參道的山毛欅伸展枝葉好可愛,新生的綠芽朝向天空努力伸展。
即便在早春暴雨中被吹倒的鐮倉鶴岡八宮的銀杏,也從倖存下來的根部開始萌芽。
即使是寒暖起伏激烈的天氣,春意也因陣陣烈雨而更加盎然。

(其實我不知道ケヤキ長什麼樣子)

さて、待てども気配すらない政治の春である。まず自民党という古木。日の当たる庭から寒風すさぶ野に移され、
季節外れの落葉が止まらない。いち早く庭を飛び出し、そこそこの枝ぶりに育った若木もあるが、
野に下ってからの離党は落ち武者の風情だ▼
而令人看不下去的政治也是這同樣的春天。
首先,是有如古木一般的自民黨。
從日照良好的庭院移植到餐風飲露的原野。而即使非秋落的季節也頻頻不止的往下落。
也有像是翅膀硬了,想早日飛出庭外自顧自的伸展枝椏的年青一輩,
這是另一種離開政壇的夕陽武士的風情。

(不知道會不會有人看呢。我這裡的翻譯都是有用典的。雖然擺明就是個宅人的梗)

舛添要一氏の新党も、理念より数と金を合わせたかに見える。参院選で苦戦しそうな面々を数に頼んだのか、
あるいは氏が選挙の顔に取り込まれたか。ネットに「新党マキゾエ」の命名案があった▼
舛添要一氏新党,他們的人數還有資金募金更比他們的理念更令人著目。

鳩山政権を批判しながらも、保守系の小党は自民の足を引っ張る。民主党にすれば、
骨っぽい社民党や国民新党に代わる連立メニューが増えるだけだろう。野党がこのざまでは、
普天間や高速道料金で心おきなく迷走できるというものだ▼


事業仕分けの第2弾が始まった。この政権の少ない「当たり狂言」である。落ち目の興行主としては、
再びの快刀乱麻で大向こうを沸かせたいところだが、楽屋のドタバタ劇が目に入っては興もさめよう▼
事業分割的第2段開始了。部份政權是???????????


ふらつく民主、立ち枯れる自民。2大政党のダメ比べほど国民に不幸なことはない。
雨後のタケノコのような新党の多くも、さまよう失望票の受け皿にはなれまい。
政権交代から7カ月を経てなお続く政治の冬。しゃんとするまでの過渡期、ならいいのだが。
搖搖晃晃的民主黨,以及不?自衰的自民黨,2大政黨的??並不見得對國民是件壞事。
也有許多如同雨後春筍般的新黨會成為接受這些失望票的垃圾筒。
政權交替後7個月來,政局仍是處於寒冬之中。
如果這只是到穩定前的過渡期的話,就好了

(這寫這句時雨後のタケノコ->雨後的竹子->雨後竹子->咦,後竹???原來大竹子的名字是來自雨後春筍????)

不知道她現在好不好。好歹我們有一起去上登山課。

shioko 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(1) 人氣()


留言列表 (1)

發表留言
  • shioko
  • 我的天聲人語系列一向不專業也不好笑。
    但這篇,請大學幫的一定要看最後一行。
    最後一行就好。拜託拜託,最後一行就好。