http://www.asahi.com/paper/column.html

チェコの作家カレル・チャペックは「ロボット」という造語を生み出した人物として知られる。
一徹な機械好きかと思いきや、庭いじりをこよなく愛したそうだ。
『園芸家12カ月』という愉快な本も書いていて、思わず膝(ひざ)を打つ記述に満ちている▼.
捷克作家卡雷爾·恰佩克(Karel Čapek)因發明「機械人」一語而世界聞名。
不但是眾所周知的機械愛好者,同時也是愛好庭院造景的雅士。
也曾經寫下「園藝家的12個月」這本令人高興的書,其中充滿了令人拍案叫好的記述。

たとえば、「ほんとうの園芸家は花をつくるのではなくって、土をつくっているのだということを
発見した」(小松太郎訳)。我が意を得たりの方もおられよう。種をまく前にしっかり土を作るのは、
いずこを問わず花作りの基本に違いない▼
舉例來說「我發現 真正的園藝並不是育花,而是育土。」(小松太郎譯)
(看不懂)
播種前要好好的育土,
這是無論到哪裡都通用的 常識中的常識。
野菜作りも同じである。借りて耕している畑を、今年も鍬(くわ)で起こし、石灰を
まいて堆肥(たいひ)を鋤(す)き込んだ。通気性と水はけが良く、かつ保水性に富む、
矛盾するような条件を満たすのが良い土だとされている▼
而和種菜一樣,今年也拿起鐵鍬好好的翻起土。堆起石灰把堆肥鋤進去。
不但通氣性和排水性要好,同時也要具有良好的保水性。
同時難具備這兩個矛盾的條件才能稱為良好的土壤。

ふかふかの土を割って芽が出る様は、いつも感動的だ。だが、今季は素人菜園にも心配が多い。
先日は雪の予報を聞いてジャガイモの新芽に土をかぶせた。幸い耐えてくれたが、
農家の苦労がしのばれる乱調の春である▼
無論何時看到新芽穿破鬆軟的土壤,心中總是無限感動。
然而這一季,就連一般業餘農民也不由得多費點心。
前幾天才剛聽到又有降雪的天氣預報,趕快幫冒出新芽的洋芋蓋上土。
雖然幸好洋芋很耐寒,但這個亂調的春天無論如何農民都要好好忍耐。

記録的な天候不順は、増えつつある「野菜工場」への追い風になるそうだ。
温度や光、栄養分もコンピューター制御して栽培する施設で、農水省も後押しをする。
人工光の室内で青物が育つ様は、チャペックも驚くSF世界を思わせる▼
陸續破記錄的異常天象,似乎加速「野菜工場」成立。
栽培無論溫度或日照或是營養都受到控制的菜類,農林水產省一直不斷的push.
運用人工日照在室內栽培菜,不禁令人想到這是個連卡雷爾·恰佩克都大吃驚的sf世界。

shioko 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()