http://www.asahi.com/paper/column.html

201049日(金)付

印刷

 ベートーベンの交響曲第3番「英雄」と5番「運命」。はざまの4番を「2人の巨人にはさまれたギリシャの乙女」とシューマンはたとえたという。似た印象がポーランドという国にもある▼

貝多芬2首傳奇的作品-第三號交響曲「英雄」以及第五號交響由「命運」。夾在中間的第四號交響曲,「則是像處於2位巨人間的少女」舒曼如是比喻著。歷史上有個國家也給人們同樣的印象-波蘭

しかし、ロマンからは遠い。「両側にソ連とドイツという大男が眠っていて、彼らが寝返りを打つと潰(つぶ)されてしまう」と比喩に言う人がいたそうだ。双方から侵攻された第2次大戦は厳しい国難となった。さなかに起きた「カチンの森事件」の追悼式を、昨日の国際面が報じていた▼

這一點也不浪漫(被2個巨人包圍很浪漫?真H)。曾有人如此比喻過「兩旁是蘇連和德國兩頭睡獅。一但返了一下身就被打得不成人形。」。在第2次世界大戰是被鄰近2國反覆攻擊所帶來國難,為緊接而起的「卡欽森林事件」的追悼式,昨天也充滿了各大報的國際版面。

1940年、ソ連軍の捕虜になったポーランドの将校ら約2万人が銃殺された。ソ連はナチス・ドイツの仕業と主張した。真相は長く伏せられたが、ゴルバチョフ時代の90年になってやっと認めた。今年は事件から70年の節目になる▼

1940年蘇連軍曾經槍殺約2萬名的波蘭將、校級俘虜。當時蘇連也主張納綷德意志。該真相長期間被隱藏起來直到90年代戈巴契夫的時候才丞認。今年已為該世件第70年。

ロシアでの式典には、ポーランドの映画監督アンジェイ・ワイダ氏(84)の姿もあったそうだ。事件で父親を失った遺族である。長く温めて完成させた「カティンの森」は日本でも公開されている。歴史を次の世代に渡すのが使命、という気迫が映像に満ちている▼

在俄國舉行的儀式會場上,波蘭安捷特.華頓導演(84歲)也到了現場。在卡欽森林事件中失去了父親,以身為遺族之姿,經過長時間醞釀,拍攝出已在日公開的「卡丁森林」,其中充滿了歷史傳丞的使命感。

ワイダ氏の思いに、「人間の歴史は虐げられた者の勝利を忍耐強く待っている」というインドの詩人タゴールの言葉が重なり合う。犠牲者も遺族も、ソ連の「残酷と虚偽」に虐げられた。「勝利」とは、史実が世代を超えて記憶され続けることだろう▼

不禁將華頓導演的想法和印度詩人泰戈爾的詩「人類的歷史會堅忍等待被虐著勝利的一天」重疊在一起。無論是犧牲者或是遺族均長期處於蘇連的殘酷和虛偽的精神虐待下。

映画へのメッセージで、監督は「9月17日」を知らない若者を嘆いていた。ソ連軍がポーランドに侵攻した日である。国は違っても、伝え継ぐ難しさは国境がない。

華頓導演曾大嘆現在的年青人不知道9/17。這是蘇連侵略波蘭的日子。無論任何國家,歷史的易逝性仍是無國界分際

shioko 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(2) 人氣()


留言列表 (2)

發表留言
  • manatsu
  • 看的出來你真的很閑很上進
    而且又換版面了XD
    為了表示我對羽衣會的重視與上進
    也趕快來去採腳踏車好了
  • 然後波蘭總統專機就墜機了

    shioko 於 2010/04/12 20:49 回覆

  • manatsu
  • 我現在才看到你的這個回覆
    真是太機車了( ‵□′)───C<─___-)|||
【 X 關閉 】

【PIXNET 痞客邦】國外旅遊調查
您是我們挑選到的讀者!

填完問卷將有機會獲得心動好禮哦(注意:關閉此視窗將不再出現)

立即填寫取消