踵(きびす)を返した後の頭突きで、フランスの主将ジダンが退場。サッカーのワールドカップの決勝は、いささか後味の悪いものになった。
  因著一記倒掛金勾後的頭錘,法國主將席丹不禁退場。使得世足賽的決勝戰中,留下了一絲絲的遺憾。
 世界の頂点をめざす争いは、連日激しかった。反則ぎりぎりや、相手の反則を誘うような手も使う。そんな誘いがあったかどうかは分からないが、あの頭突き一線を超えていた。
 在目標世界第一的連日競爭中,在犯與不犯規的一線之隔間,利用各種方式引誘對手犯規。而席丹就在似有似無的引誘中,超過了犯規的那條線。
 ジダンは今年、スペインリーグの試合で、プロで初めてのハットトリックを決めた。記念のボールには仲間がサインする習慣があるが、そうしなかった。「マドリードのとある病院の小児科病棟を訪れた時に、ダニエル君という男の子に出会ったんですよ。そのダニエル君に、あの記念ボールをプレゼントしたいと思ってね」(中谷綾子アレキサンダー『サッカーW杯 英雄たちの言葉』集英社新書)。
  席丹在今年西班牙聯盟中,首次以職業身分取得hat trick在他的同伴間有一種在記念球上簽名的習慣,然而他卻沒這麼做。「我去探訪馬德里的一間小兒科醫院時,我碰到了一個名喚丹尼爾的男孩子。而我想把紀念球送給他做禮物。」(中谷綾子「世足英雄語錄」集英社新書)
 「ワールドカップでも、一人でも多くの未来を担う少年少女たちに、サッカーを通じて希望や夢を伝えたい」。ジダンの言というが、これも彼の一面なのだろう。中谷さんによれば、彼はこうも言う。「私たちは宇宙人でも魔法使いでもありません。皆さんと同じ人間なんです」。生やさしくないサッカーの世界は、更に生やさしくない世の中を映す鏡でもある。
 「世界盃說穿了就是想通過足球把希望和夢想傳達給掌握世界未來的少男少女們。」席丹曾如是說,這是他的一面。而透過中谷小姐,席丹也曾說過 「我不是外星人也不是魔法師。和大家一樣都是平凡人」而這生存不易的足球世界,而是反映更是難以生存的世間縮影。
 決勝の舞台は1936年のベルリン五輪のスタジアムを改修したものだった。あの時はヒトラーが五輪を政治利用し、第二次世界大戦が近づいていた。
  決賽的舞台,即是舉辦1936年柏林奧運的體運管。而那時希特勒利用奧運為名,第二次世界大戰的腳步漸近了。
 そのスタジアムでの大会終幕の画面に、吹雪のように白いものが舞う。ザクザクという軍靴の音の中でではなく、歓声と平和の中で開かれ続けるようにと念じた。 在此體育館大會落幕的畫面上,有如吹雪一般的紙片飛舞著。讓我們祈禱不再是在軍靴的踏步聲中,而是在歡聲平和中再次招開。

shioko 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()