久しぶりに行った東京都心の映画館の名前が、「サロンパス ルーブル丸の内」に変わっていた。美術館にペタッと湿布が張られている光景が頭に浮かび、妙な気分だった。
    去了一趟睽違已久位於東京都心的電影院,名字居然變成了「撒隆巴斯羅浮宮丸之內」。我的腦海中不由得浮現出美術館四週被貼滿沙隆巴斯的情境。
 サロンパスを製造・販売している久光製薬によると、映画館側から「命名権」を売りたいという話があり、昨年末に今の名称にした。契約金額は社外秘だそうだ。「話題になって、元はとれそうです。お客さまもだんだん慣れてきたようです」
依專業生產、販賣撒隆巴斯的久光製藥所表示,這是因為之前電影院方想要販賣「命名權」,因此從去年底開始就成了現在的名稱。至於簽約金額則是商業機密,無可奉告。一時也成為相當有爭議性的話題,然而至今漸漸可望回收成本,而消費者們也漸漸習慣也這名字。
 たしかに慣れはある。4年前、東京都が東京スタジアムを味の素スタジアムに変えた時は、サッカーファンの間にも異論があった。しかし、今では「味(あじ)スタ」は定着しつつある。
的確是習慣了。記得四年前,東京都把東京體育館更名為味之素體育館時,確時在足球迷間引一起一時喧然大波。然而至今使用「味之體育」作為体育館的名字,也成為定案了。
  ワールドカップ02年大会で決勝戦が行われた横浜国際総合競技場はその後、日産スタジアムに変わった。試合を大型画面で生中継する「パブリックビューイング」は今回、ここでは開催されない。国際サッカー連盟が、公式スポンサー以外の企業名が使われる催しを禁じており、昔の名前に戻さなければ開催できないからだ。
    曾於2002年舉行世界盃決戰的橫濱國際綜合競技場也在日後,更名「日產體育館。而利用大型畫面進行現場轉播的「publicviewing」這次則無法在此舉行。這是因為國際足球聯盟開始禁止以正式贊助商以外的名字進行比賽,因此必需回復原來的名字。
 スタジアムを管理する横浜市の関係者は、「市民のためには開きたかったが、契約料をいただいている日産の立場を考え、あきらめた」と話す。ドイツのスタジアムでも大会期間中は、通常使っている企業名をはずし、地名のみにしているところが少なくない。
   負責管理體育館的橫濱市有關單位表示,「為了市民們,我們是很想舉行,但是站在支付簽約金的日產的立場來看,還是算了。」然而,卻有不少的德國體育館在大會的期間摒除原本所使用的企業名而僅套上地名
 政府はいま、財政難を理由に国立競技場や秩父宮ラグビー場などのスポーツ施設について命名権の売却を検討中だ。命名権には様な意見があるだろうが、これには多くの人が強い違和感を感じるのではないか政府現階段正在檢討是否販賣國立競技場或是秩父宮橄欖球場之類的運動設施的命名權。而對於此一議題也是有許多不同的看法,我想這是因為有許多人會感到不協調感吧。

shioko 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()