「もはや戦後ではない」と経済白書が書いたのは、1956年だった。その年に、水俣病が公式に確認された。以来半世紀、首相は小泉氏まで22人いるが、現地には一人も足を運んでいない。公式確認の日から50年になる昨日も、水俣に首相の姿はなかった。
1956年所發布的經濟白書如是寫著「就快脫離戰後了」。同年,水俣病經由官方認定。半世紀以來,到現今的首相小泉也歷經了22人,仍過未曾有一位將他們尊足移往現場過。即使是官方認定50年的昨天,也未曾有任何一位首相現身於水俣。
 患者団体の「水俣病互助会」の人たちはこの日、公式確認につながる患者たちが診察を受けたチッソ付属病院跡などを見て回った。「半世紀たっても未認定患者問題を解決させきれないことを、国は恥ずかしいと思ってほしい。悲しい記念日です」。49歳の胎児性患者の娘を持つ、81歳の女性の認定患者が述べたという。
 
集結患者團體而成的「水俣病互助會」於昨日返回當時患者所看診的CHISSO附屬醫院院址。一位府上有49歲的胎兒產患者的女兒,現年81歲的女性認定患者如是說道「經過半世紀了尚未能解決未認定患者問題,真希望我們的國家能引以為恥。
 熊本県の水俣市などが主催する慰霊式は「水俣病慰霊の碑」の前で、小池環境相らが出席して営まれた。「不知火の海に在るすべての御霊よ 二度とこの悲劇は繰り返しません 安らかにお眠りください」。碑文は広島の原爆慰霊碑の言葉を連想させる。
  
小池環境大臣出席了由熊本縣水俣市等在「水俣病慰霊の碑」前所主辦的慰靈式。「安息於不知火海中的靈魂啊,請不要再重覆悲劇了。請安眠於此吧」如此的碑文不禁令人想起位於廣島原爆慰靈碑上的字句
 広島の碑の方は「過ちは繰返しませぬから」だった。原爆の惨害も有機水銀の垂れ流しによる水俣病も、共に繰り返しは許されない。その繰り返してはならないものを、水俣の碑は「悲劇」と表した。
  
廣島的碑上所寫的是「因為無法回到過去」。來自於原爆的遺害,四處橫流有機水銀所造成的水俣病也是無法回到過去。而這無法返回的即是水俣碑上所表示的悲劇。
 「悲劇」という言葉は、この「50年の日」を前にした小泉首相の談話にもあった。「このような悲劇を二度と繰り返さないために……」。対応を怠った為政者の側が発する言葉としては、違和感がある。
  
「悲劇」這個字彙也曾出現於小泉對於此50年紀念日之談話中。「為了不要使悲劇再度上演….」作為敷衍怠慢問題的為政者的發言,實著有些不協調感。
 首相の「悲劇」には、過去のものというような気配が漂う。「劇」ならば、始まりがあり、終わりがある。しかし水俣の惨禍は、終わってはいない。  首相所說的悲劇中散發著些許過去事物的氣味。如果是一齣劇,那麼總該有開始有結尾吧。然而水俣病的慘禍是永不停止。

shioko 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()