踵(きびす)を返した後の頭突きで、フランスの主将ジダンが退場。サッカーのワールドカップの決勝は、いささか後味の悪いものになった。
  因著一記倒掛金勾後的頭錘,法國主將席丹不禁退場。使得世足賽的決勝戰中,留下了一絲絲的遺憾。
 世界の頂点をめざす争いは、連日激しかった。反則ぎりぎりや、相手の反則を誘うような手も使う。そんな誘いがあったかどうかは分からないが、あの頭突き一線を超えていた。
 在目標世界第一的連日競爭中,在犯與不犯規的一線之隔間,利用各種方式引誘對手犯規。而席丹就在似有似無的引誘中,超過了犯規的那條線。
 ジダンは今年、スペインリーグの試合で、プロで初めてのハットトリックを決めた。記念のボールには仲間がサインする習慣があるが、そうしなかった。「マドリードのとある病院の小児科病棟を訪れた時に、ダニエル君という男の子に出会ったんですよ。そのダニエル君に、あの記念ボールをプレゼントしたいと思ってね」(中谷綾子アレキサンダー『サッカーW杯 英雄たちの言葉』集英社新書)。

shioko 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()